FC2ブログ

「幻想即興曲」和声分析課題

<マヤの音楽成長日記> 08.10.11(土)

昨日(10日)の入学式と同時に課題も与えられた。

いよいよ同期生の人達と共に勉強が始まる。

分析課題曲は、ショパン「幻想即興曲」。

今回は、途中の「D♭」に転調した小節から。

テル先生が以前講義した資料が
<ショパン研究科>の中にある。

でも、これを読んでも、マヤにはよくわからない。

どうしよう、みんなは、わかるのかな?

とにかく、わかる範囲でやるっきゃない。

みんなに付いて行けるように、よーし、やるぞ~!
スポンサーサイト



theme : ピアノ
genre : 音楽

なぜ分析が大切なの?

     入学説明会(その2)

「マヤの音楽成長日記」(08.9.19)

入学説明会の続きを書くね。

<曲を分析することが、なぜ大切なのか?>

テル先生の話が本題に入ってきたところから…。

「これはジャズでも、クラシックでも同じことだけど、
なぜ分析が大切なのか?みんな、わかるかな?」

「それはね、丸暗記で曲を覚える人よりも、
理論的に理解すると、曲が覚えやすくなるんだ」

「コード進行は、作曲家が適当に付けた訳ではない。
一定の法則に従って付けている」

「だから、みんなも法則を知れば次に来る和音が
予測出来るんだ。これが来たら次はこれだよってね」

「それから旋律も、重要な音と装飾的な音の区別が
出来るようになると、曲が覚えやすくなるのは当然で、
それ以外にも作曲や即興演奏が出来るようになる」

「だから曲の丸暗記はやめて、理論的に解釈する
方法をこの音楽院で教えていこうと思っているんだ」

テル先生の話は、要約すると、こんな感じだった。

「分析」って、まだよくわからないけれど、教われば
自分の音楽にプラスになりそうということだけは、
何となくわかったような気がした。

theme : ピアノ
genre : 音楽

「ショパン」誌にテル先生が…

<マヤの音楽成長日記>08.9.18(エピソード編)

それは深夜のことだったの。

日記に入学説明会の続きを書こうとした時、
ピアノの友達からメールが来たのよ。

メールのタイトルは…

<テル先生が音楽雑誌に!>

「マヤ、今何してるのかな?タロット占い?
あのね、さっきテル先生のブログを見たらね、
今日(08.9.18)発売の雑誌「ショパン」に
テル先生が載っテルらしいよ!お金ないから
立ち読みしようか?じゃあ、またね!」

メールを読んでから私もテル先生のブログに…。
 (「テル先生のジャズピアノ夢実現法」参照)

「ショパン」誌は、クラシック・ピアノの音楽雑誌で
昔からある伝統のスゴク有名な格調高い雑誌よ。

そんな格調高い雑誌に、テル先生がなんて…!

「ウッソでしょ~う?」と、最初は疑ったけれど、
どうやら本当のことらしい。ちょっと驚き桃の木…。

今日(08.9.18)発売の「ショパン」(10月号)



<Enjoy! カプースチン> #3
 「カプースチンをジャズ理論で分析」
  坂元 輝(106~107ページ)

私も早速、午前中に本屋に行ってみようと思う。

             ☆

このブログは、2つの「ランキング」に参加してるの。

1つ目は「人気ブログランキング」。

2つ目が「にほんブログ村」なの。

どちらも毎日1回押してくれると嬉しいな。
 
「これからもマヤとテル先生の物語を応援してね!」

theme : ピアノ
genre : 音楽

序奏 入学説明会開始

私の名前は、綾小路マヤ。

クラシック・ピアノを子供の頃から習っている。

楽譜を見て弾くことは出来るけれど即興演奏なんて無理。

どうすれば即興演奏なんて弾けるのよ!

私には、そんな才能なんてない。

ところが、そんな私でも
「即興演奏は弾けるようになる」
と言う先生がいる。

その名は「泣く子も黙らない」というテル先生。(坂元輝)

もうすぐ開校する<夢と愛女子音楽院>入学説明会に行って来た。

会場には、<ジャズピアノ夢実現法(ブログ校)>で学んでいる
<美しいお姉さま達>も沢山来ていた。

当日のテル先生のお話を、ここで再現してみるわね。

             ☆

えっへん!わ、わ、私が、テ、テ、テル院長でありま~す。
(テル先生は美しいお姉さま達を前にして上がっているみたいだった!)

あなたは、なぜ<クラシック音楽>を学んでいるのでしょうか?

理由は人それぞれあると思います。私はそれを否定しません。

ただ私の考えは、皆さんと少し違うかもしれません。

これは、あくまでも私の考えですが、クラシックを学ぶのは

あなたの音楽能力(作曲、即興演奏など)を高めるためだと思うのです。

あなたがクラシックをやっている理由は、そのまま続ければいい。

しかし、それと並行して、私の提案も取り入れたらいかがでしょうか!

              ☆

テル先生のお話は、こうやって本論へと進んでいったのよ。

この続き、次の機会に紹介するわね。

<マヤの音楽成長日記> 08.9.14

theme : ピアノ
genre : 音楽

プロフィール

テル先生

Author:テル先生
 教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ・VOL.1~4」(音楽之友社)など多数(現在絶版)。
 CD「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)など多数(現在廃盤)。
 両方ともネット上で高値で取引されている。(うそ!きっと安いよ。悲しいなあ)。
 現在は東京、京都にて、ピアノの先生方やプロ・ピアニスト達に即興演奏、ジャズ理論、ジャズピアノを教えている。

夢と愛の音楽教育課程
最新講義レポート
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
テル先生のアレンジで
テル先生・幻の名盤!
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示